ジェントルレーズの脱毛効果を調査!特徴を解説

2021/03/23
2021/06/21
10,401views

ジェントルレーズの特徴やメリット・デメリットを解説!脱毛効果についても紹介

日本国内の医療脱毛クリニックで導入数が1番多いと言われているジェントルレーズは、どのような脱毛機器なのでしょうか?

この記事では、ジェントルレーズの特徴やメリット・デメリットを解説します。

ジェントルレーズはどんな脱毛機器?

ジェントルレーズはアメリカのシネロン・キャンデラ社で製造されている医療脱毛機器です。
FDA(米国食品医薬品局)認可の機器で日本国内でも多くのクリニックで導入されています。

レーザーの種類 アレキサンドライトレーザー
波長 755nm
スポットサイズ 6-18mm

ジェントルレーズはアレキサンドライトレーザーを採用している医療脱毛機器です。
メラニン色素に反応するアレキサンドライトレーザーを照射することにより、毛根周辺の毛乳頭や毛母細胞を破壊していきます。

効率的なレーザー照射が可能

ジェントルレーズは乱反射を起こさないように設計されているため、効率的にレーザーを毛根に届けることができます。
そのため、少ない回数で脱毛コースを完了させることができます。

メラニン色素に反応するため色が濃くて太い毛の脱毛に適しています。

冷却ガスで肌を保護しながら施術ができる

ジェントルレーズは波長が755nmと短いため、肌が敏感な人でも施術が受けられます。

また、レーザー照射前に冷却ガスを噴射するため、痛みを感じにくくすることができます。

短い時間で施術できる

スポットサイズが12㎜と18㎜の2種類あり、広い範囲に照射することが出来ます。

そのため、施術にかかる時間を短縮することが可能です。

このジェントルレーズの新機種としてジェントルレーズプロがあります。

ジェントルレーズプロとは?

レーザーの種類 アレキサンドライトレーザー
波長 755±5nm
スポットサイズ 6~24㎜

日本で初めて薬事承認を取得したジェントルレーズプロは従来のジェントルレーズの機能に加えてパルス幅(照射時間)を調節する機能が搭載されているため、毛質や肌質に合わせて施術することができます。

また、スポットサイズが直径18㎜から最大24㎜になり、照射スピードが1秒で2ショットになったため、施術時間を大幅に短縮することができます。

ジェントルレーズの施術はこんな人に向いている!

ジェントルレーズは冷却機能や短い波長により、肌への負担を抑えながら脱毛施術ができる医療脱毛機器です。
実際にはどんな人に向いているのでしょうか。

  • 実績数の多い機器で施術を受けたい人
  • 施術回数が少ないプランで脱毛コースを完了させたい人
  • 肌への負担を抑えながら全身脱毛施術を受けたい人
check
ジェントルレーズプロを導入しているクリニック

レジーナクリニックは、ジェントルレーズプロの他にもソプラノアイス・プラチナムという医療脱毛機器を導入しており、2種類の医療脱毛機器の特性を活かして照射をするため、一人ひとりの毛量・肌質に合わせた施術が可能。

さらに、最短8ヶ月で全身脱毛コースを完了させることができます。

レジーナクリニックの詳細はこちら!

メリットだけじゃない!ジェントルレーズのデメリットは?

肌への負担を抑えながら施術ができるジェントルレーズですが、どんな医療脱毛機器でもデメリットがあるのは当たり前!
どの医療脱毛機器で施術を受けるかを決める前にデメリットもチェック!

ジェントルレーズは産毛でも照射可能?

ジェントルレーズはメラニン色素に反応するため、産毛などの色素の薄い毛に照射してもあまり反応しません

ですが、産毛に対してはメラニン色素ではなく毛包に反応する医療脱毛機器に切り替えて施術を行うクリニックもあるので、事前に確認してみましょう。

ジェントルレーズは日焼けした肌や肌が黒い人でも照射できる?

ジェントルレーズは波長が短いため、肌の色に反応しやすくメラニン色素の多い日焼けした肌や元々肌が黒い人に照射した場合、やけどのリスクが高まってしまいます。

そのため、日焼けをしている人や肌が黒い人にはジェントルレーズでの施術は向いていません。

ジェントルレーズの
メリットとデメリットをチェック!
ジェントルレーズは冷却機能や短い波長のレーザーで、肌へのダメージを抑えながら、毛のメラニン色素を狙い撃ちして毛根を破壊します。
また、広範囲への照射が可能なので施術時間を短くすることが可能です。
ただし、ジェントルレーズはメラニン色素の薄い産毛にはあまり反応せず、日焼け肌や肌の黒い人は施術を受けることが出来ないので注意しましょう。
エピリノ医療脱毛の回数と料金ジェントルレーズの脱毛効果を調査!特徴を解説