永久脱毛ができる!おすすめクリニックの料金や通う回数を解説

2021/10/11

医療脱毛クリニックで行う永久脱毛!クリニック選びのポイントを紹介

医療脱毛や脱毛サロンで脱毛施術を受けることで、二度と毛が生えてこなくなる、ということはありません
また、脱毛サロンや自宅で永久脱毛を行うことはできません

永久脱毛の定義を説明するともに、脱毛サロンでは永久脱毛ができない理由を解説します。

また、永久脱毛を目指せる医療脱毛クリニックも紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

エステ脱毛ではできない!永久脱毛の定義は?

クリニック・サロンで求める永久脱毛効果

医療脱毛クリニックで行う脱毛は医療レーザー脱毛、脱毛サロンでは光脱毛という脱毛方法で施術を行います。
脱毛サロンで行う光脱毛では、永久脱毛をすることはできません。

なぜ、脱毛サロンでは永久脱毛ができないのでしょうか。日本における「永久脱毛」の定義を解説していきます。

永久脱毛の定義は?

日本国内で一般的に「永久脱毛」と呼ばれる脱毛の定義は、永久的な減毛を指すため、永久的な減毛が可能であれば「永久脱毛」と表現できる状態です。
日本国内における脱毛の歴史はまだ浅く、「この状態になれば永久脱毛だ」と言い切れる明確な基準はまだありません。

現状、日本では明確な定義がありませんが、永久脱毛を簡単に言うと、高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法という意味です。
FDA(アメリカ食品医薬品局) によると、永久脱毛の定義は、一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されることとされており、その定義に当てはまるものは、医療レーザー脱毛と針脱毛だけです。

引用:リゼクリニック

アメリカの公的機関であるAEA(米国電気脱毛協会)と、FDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる機関)が定義した表現を利用し、永久脱毛にあたる方法かどうかを区別しています。

アメリカの公的機関における永久脱毛の定義

  • 最後の脱毛施術から1ヶ月後に毛の再生率が20%以下
  • 3回の脱毛施術後、6ヶ月経過した段階で施術前より67%以上減っていること

この基準に従い、日本では医療レーザー脱毛と針脱毛が永久脱毛ができる脱毛方法とされています。

しかし、針脱毛は毛穴ひとつひとつに対して施術を行うため時間がかかることに加え、毛1本単位で料金が設定されていて総額が計算しづらいです。
さらに、針脱毛を導入しているクリニックは少ないため、医療レーザー脱毛のほうが多くのクリニックで施術を受けられます

脱毛サロンで永久脱毛はできない

医療レーザー脱毛や医療機関における針脱毛では、毛根を破壊するという医療行為を行うことで、永久脱毛ができます。
しかし、医療行為を行う資格者がいない脱毛サロンでは、毛根にダメージを与えることしかできません。

「美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行なわれる光脱毛をいう。」と定義されています。

引用:一般社団法人日本エステティック振興協議会公式HP

医療脱毛のように毛根を破壊する行為を脱毛サロンで行った場合、医師法第17条に違反することになるため、脱毛サロンで永久脱毛はできません。

医療脱毛とエステ脱毛の違いについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

医療脱毛とエステ脱毛の違いや
脱毛方法の仕組みを解説!

また、毛抜きや除毛クリーム、家庭用光美容器など使った自宅でのケアについては、いずれの方法でも永久脱毛をすることはできません。

永久脱毛するなら?クリニック5院の料金と特徴を紹介

永久脱毛を目指せる医療脱毛クリニックを紹介します。全身のプランだけではなく部位別のプランも提供しているクリニックのため、特定の部位だけ永久脱毛したい方も要チェックです。

また、自分に合った医療脱毛クリニックを選ぶためにチェックすべき3つのポイントを押さえておきましょう。

永久脱毛ができる医療脱毛クリニックの選び方のポイント
追加照射料金が設定されているか
通いやすいクリニックか
痛み対策はされているか

コース終了後の追加照射料金、診療時間・予約の取りやすさなどの通いやすさ、脱毛機器や麻酔などの痛み対策の観点から、医療レーザー脱毛で永久脱毛が目指せるクリニックを5院ピックアップしました。

部位別のプランが豊富 レジーナクリニック
コース 料金(税込)
両ワキ 5回 13,200円
全身5回(顔・VIO除く) 207,900円
全身5回(顔・VIO含む) 405,900円

レジーナクリニックでは、部位ごとの脱毛プランも豊富に用意されています。
また、各プランの追加照射の料金は、通常1回料金の半額で設定されています。

レジーナクリニックでは、痛み対策として施術中にコミュニケーションをとりながら細かくレーザーの照射出力を調整してくれますが、それでも痛みを強く感じてしまう場合には麻酔を無料で処方してくれます。

脱毛機器、方式 ジェントルレーズプロ(熱破壊式)
ソプラノアイス・プラチナム(蓄熱式)
通うペース 最短2ヶ月に1回
麻酔料金 無料
シェービング 剃り残しは無料
追加照射料金 両ワキ:2,200円
全身(顔・VIO除く):48,125円
予約方法 院の受付、電話、Web予約
キャンセル 予約日の2営業日前20時以降の変更・キャンセルは1回分消化
診療時間 平日 12:00~21:00
土日 11:00~20:00
公式サイト レジーナクリニック公式サイト

※料金はすべて税込

3種類の脱毛機器を導入 リゼクリニック
コース 料金(税込)
両ワキ 5回 19,800円
全身5回(顔・VIO除く) 269,800円
全身5回(顔・VIO含む) 399,800円

リゼクリニックでは、コース終了後の追加照射を受ける際、プランに含まれている施術部位の中から希望の部位のみ追加することができます。
そのため、追加費用を抑えながら自分の希望の部位のみ追加照射を受けて、永久脱毛を目指すことが可能です。

また、全院に3種類の脱毛機器を導入しているため、自分の肌質や毛質に合わせた脱毛機器で永久脱毛の施術を受けられます。

脱毛機器、方式 メディオスターNextPro(蓄熱式)
ライトシェアデュエット(熱破壊式)
ジェントルヤグプロ(熱破壊式)
通うペース 2~3ヶ月に1回
麻酔料金 麻酔クリーム:3,300円
笑気麻酔:3,300円/30分
シェービング 剃り残しは無料
追加照射料金 両ワキ:2,800円
全身(顔・VIO除く):32,800円
予約方法 院の受付、電話、Web予約
キャンセル 予約時刻3時間前以降の変更・キャンセルは1回分消化
診療時間 10:00~20:00
(院により異なる)
公式サイト リゼクリニック公式サイト

※料金はすべて税込

希望に合わせたプランが豊富 フレイアクリニック
コース 料金(税込)
両ワキ 5回 12,100円
全身5回(顔・VIO除く) 173,800円
全身5回(顔・VIO含む) 360,800円

フレイアクリニックでは、コース終了後に1回あたりの施術価格の半額で追加照射を受けることができます。

部位ごとのプランも用意されているため、希望の部位のみ永久脱毛を目指すことも可能です。

フレイアクリニックでは、蓄熱式の脱毛機器のみを使用して脱毛施術を行っていて、もし麻酔を処方してもらう場合も無料で利用できます。

脱毛機器、方式 メディオスターNextPro(蓄熱式)
通うペース 最短1.5か月に1回
麻酔料金 無料
シェービング 仕上げは無料
追加照射料金 コース1回あたりの料金の半額
予約方法 院の受付、電話
キャンセル 1回目:キャンセル料完全無料、回数消化なし
2回目以降:予約の2営業日前20時以降の変更・キャンセルは1回分消化
診療時間 平日 12:00~21:00
土日 11:00~20:00
公式サイト フレイアクリニック公式サイト

※料金はすべて税込

?
平日昼間に通える方は割引適用! 渋谷美容外科クリニック
コース 料金(税込)
両ワキ 5回 8,800円
全身5回(顔・VIO除く) 198,000円
全身5回(顔除く・VIO含む) 247,500円
全身5回(顔含む・VIO除く) 253,000円

※初回施術時:薬代1,000円
2回目以降:処置料2,000円が別途必要

渋谷美容外科クリニックでは、追加照射料金の設定はありませんが、5回コースのほかに8回コースも用意されています。
5回コースで永久脱毛できるか不安な方は、8回コースの利用を検討してもよいでしょう。

渋谷院・新宿院・池袋院では平日23時まで診療しているため、日中忙しい方でも通うことができます。
平日の日中に通うことができる方の場合は割引が適用されるので、確認してみましょう。

脱毛機器、方式 ジェントルレーズ(熱破壊式)
通うペース 2ヶ月に1回
麻酔料金 麻酔クリーム 2,200円
シェービング 無料
8回コース料金 両ワキ 8回:13,200円
全身8回(顔・VIO除く)440,000円
予約方法 電話、Web予約
キャンセル 当日キャンセル、30分以上の遅刻は2,160円
診療時間 院により異なる
公式サイト 渋谷美容外科クリニック公式サイト

※料金はすべて税込

幅広い肌質や毛質に対応 GLOW(グロウ)クリニック
コース 料金(税込)
全身5回(顔・VIO除く) 169,900円
全身5回(顔・VIO含む) 289,900円

GLOW(グロウ)クリニックは、全身脱毛の施術が受けられる医療脱毛クリニックです。
10回コースなど施術回数が多いコースがあることが特徴です。

GLOW(グロウ)クリニックで使用している脱毛機器は、熱破壊式と蓄熱式両方の施術が行えるため、1台で幅広いタイプの肌質や毛質に対応して、全身の永久脱毛を目指すことが可能です。

脱毛機器、方式 ソプラノチタニウム(熱破壊式/蓄熱式)
通うペース 1~2ヶ月に1回
麻酔料金 無料
シェービング 剃り残しは無料
10回コース料金 全身10回(顔・VIO除く):339,800円
予約方法 院の受付、電話
キャンセル 予約の2日前19時以降の変更・キャンセルは1回分消化
診療時間 10:00〜19:00
公式サイト GLOW(グロウ)クリニック公式サイト

※料金はすべて税込

永久脱毛に通う医療脱毛クリニックの選び方を詳しく解説

クリニック・サロンで求める永久脱毛効果

医療レーザー脱毛の施術を行っているクリニックは数多くありますが、その中でも永久脱毛を目指すために通う医療脱毛クリニックを探す3つのポイントについて詳しく紹介します。

追加照射料金が設定されているか

医療レーザー脱毛では永久脱毛を目指すことができますが、個人の肌質や毛質によって、契約したプランの回数内では照射が足りないと感じる場合もあります。

そのため、永久脱毛をしたい場合は、契約プランの終了後に割引価格で追加照射を受けられるクリニックや、施術回数の多いコースがあるクリニックを選ぶとよいでしょう。

通いやすいクリニックか

永久脱毛を目的に医療脱毛クリニックに通う場合、定期的に複数回施術のために通うことになります。

クリニックの立地や診療時間、予約の取りやすさなど、自分の都合に合わせて通うことができるか事前に確認することが重要です。

痛み対策はされているか

医療レーザー脱毛は毛根を破壊する医療行為のため、施術時に痛みを伴います。

痛みや熱を感じにくくする機能や仕組みがある脱毛機器や、麻酔などの痛み対策も重視して医療脱毛クリニックを選ぶことで、ストレスが少なく通うことができるでしょう。

医療脱毛クリニックを選ぶ際は、これら3つのポイントが満たされているかをチェックしましょう。

永久脱毛のレーザーの種類は?脱毛器の種類と特徴を紹介

医療脱毛クリニックで使用されている医療レーザー脱毛機器にはいくつか種類があります。
現在、医療脱毛で主流となっているレーザーはアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーヤグレーザーの3種類ですが、クリニックによって導入している機器が異なります。

各レーザーの大きな違いは波長の長さです。肌の浅い部分に照射するときは波長の短いレーザーを使い、肌の深い部分に照射するときは波長の長いレーザーを使います。

アレキサンド
ライトレーザー
ダイオードレーザー ヤグレーザー
波長の長さ 755nm 800~940nm 1064nm
特徴 ・波長が短く、肌の浅い部分に照射する
・メラニン色素に反応しやすい
・波長の範囲が広い
・照射方法には、熱破壊式と蓄熱式の2種類がある
・波長が長く、根深い体毛にも照射可能
・メラニン色素に反応しにくい
機器 ジェントルレーズ ライトシェアデュエット
ベクタス
メディオスター
ソプラノアイス・プラチナム
ジェントルヤグ

適した毛の太さや照射時の痛みの出やすさなどそれぞれ特徴が異なるので、クリニックを選ぶ際は使用している脱毛機をチェックしておきましょう。

医療レーザー脱毛の種類については、こちらの記事で詳しく解説しています。

医療レーザー脱毛の種類を比較!
機器によって効果は違う?

産毛の永久脱毛はできる?

医療レーザー脱毛で多く使用されている熱破壊式の脱毛機器は、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応して熱を発生させる仕組みです。
そのため、産毛のような毛はメラニン色素が少なく、レーザーが反応しにくいです。

蓄熱式の脱毛機器であれば、毛のメラニン色素の量に関係なくレーザーを照射することができるため、産毛のようなメラニン色素が少ない毛にも熱を与えることができます。

産毛には、蓄熱式のダイオードレーザーによる脱毛がおすすめです。
特に蓄熱式は、毛根部ではなく、毛根に栄養を送るバルジ領域をターゲットにしています。
低い温度でじわじわと温めるようにレーザーを照射することで、破壊ができる仕組みです。

引用:GLOW(グロウ)クリニック

医療脱毛クリニックで永久脱毛に通う回数の目安は?

エピリノが行ったアンケート調査の結果から、医療脱毛クリニックで脱毛施術を経験した人が実際に通った回数と期間の平均をを部位ごとに紹介します。

部位 平均回数 平均期間
6回 12.6ヶ月
VIO 6.4回 12.3ヶ月
6.7回 12.8ヶ月
ワキ 7.7回 13ヶ月
8.3回 15.3ヶ月

※クラウドソーシングを利用したアンケート調査
(調査期間:2020年4~5月)

顔は産毛が多い部位のため、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応する医療レーザーが反応しにくく、他の部位よりも施術回数が多くなる傾向が見られました。

また、施術に通えるペースはクリニックによって異なりますが、2~3ヶ月に1回施術を受けると考えると、6回の施術を受ける場合は最短でも12ヶ月ほどかかる計算になります。

永久脱毛を目指す場合、希望や毛質によっては平均よりも多くの施術回数が必要になるケースもあります。
カウンセリングで施術回数を相談したり、事前に追加照射料金を確認しておくとよいでしょう。

以下の記事では、部位ごとの医療脱毛の回数やクリニック選びのポイントについて解説しています。

永久脱毛するなら
医療脱毛クリニックを選ぼう
現在日本で永久脱毛ができるとされているのは、医療レーザー脱毛と針脱毛のみです。
永久脱毛を目指したい方は、針脱毛よりも多くのクリニックで施術を受けられる医療レーザー脱毛を検討するとよいでしょう。
永久脱毛したい部位を明確にしたうえで、追加照射料金や痛み対策などもチェックしながら、自分の都合に合わせて通うことができる医療脱毛クリニックを選ぶことが大切です。
エピリノ医療脱毛の回数と料金永久脱毛ができる!おすすめクリニックの料金や通う回数を解説