メンズ光美容器はどれが良い?ヒゲ・VIOに使えるメンズへおすすめの光美容器

2021/05/07

メンズのヒゲやVIOに使用できる家庭用光美容器は?

自宅にいながら家庭用光美容器でヒゲやVIOの毛をセルフケアしたい男性必見!
ランキングサイトや口コミのレビューだけでは分からない、今注目のメンズ向け家庭用光美容器をご紹介!

家庭用光美容器を選ぶコツから使用時の注意点まで、メンズのセルフケアに欠かせない耳寄り情報をまとめてお届けします。

すぐ男性も使える光美容器を知るには、【メンズも使える光美容器】をチェック!

※本記事では、家庭で使用ができる脱毛器のことを光美容器と表記しています。

メンズが使える家庭用光美容器の種類とその効果

メンズが選ぶべき光美容器の特徴とは

家庭用光美容器はセルフケアの仕組みが異なる5つの種類があります。

家庭用光美容器のケア方式の違い
光美容器のタイプ セルフケアの仕組み
フラッシュ式 毛のメラニン色素に光を当てることで、体毛をケアする。
レーザー式 メラニン色素に吸収される波長のレーザーを照射することで体毛をケアする。
サーミコン(熱線)式 高温度の熱によって肌表面の毛を焼き切る。
ローラー式 先端についたローラーを回転させ、毛を挟んで引き抜く。
高周波(超音波)式 毛に高周波を流し、毛を抜きやすくする。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで使用する光やレーザーに比べると、家庭用光美容器の出力レベルは抑えられています。

そのほかの家庭用光美容器は、肌表面に生えている毛を焼いたり抜いたりするだけとなっています。

これだけ読めば大丈夫!口コミからわかった効果の高い光美容器の選び方

家庭用光美容器のケア回数は?

家庭用光美容器を使い始めてからケア回数は、光美容器の種類、毛質、毛量などによって個人差があります。
特に男性は毛量が多いため、女性よりもケア回数が多くなる傾向が見られます。

家庭用光美容器の中でも、フラッシュ式は1度に光を照射できる範囲がレーザー式よりも広くスピーディーに全身をセルフケアすることが可能です。
レーザー式は狭い範囲に集中して照射する仕組みとなっています。

そのため時間を短縮して体全体をセルフケアしたい男性はフラッシュ式、ヒゲの一部やVラインだけなど、毛が濃く細かい部位のみケアする場合はレーザー式の家庭用光美容器を選ぶのが良いでしょう。

家庭用光美容器を使った痛みとは

フラッシュ式、レーザー式の家庭用光美容器で照射した部位は熱を帯びるため、皮膚の薄い顔に生えるヒゲや肌が敏感なVIOのケア時に痛みを感じやすくなります。

痛みの程度は、ヒゲセルフケアであれば輪ゴムでパチンと弾かれたくらいと言われています。
しかし、自分で出力を調整できるフラッシュ式光美容器やレーザー式光美容器は、出力を高く設定すると強い痛みだけでなく、火傷を引き起こしてしまう恐れがあります。

家庭用光美容器の使用前は保冷剤で肌を冷やしておき、出力を最小から徐々に上げていきながら、痛みを感じた際はすぐに出力を下げるなどしながら使用しましょう。

メンズにおすすめの光美容器の選び方

一口に光美容器といっても、脱毛方式やメーカーによって特徴が異なります。それでは、メンズにおすすめできる光美容器の選び方4つをチェックしていきましょう。

脱毛方式をチェックする

家庭用の光脱毛器は、主に「フラッシュ(IPL光)式」と「レーザー式」の2つに分かれています。フラッシュ式は、脱毛したい部分に光を当てることで皮膚の下のメラニン色素に反応させて、毛根に熱を与えるタイプの光美容器です。

光の照射範囲が広いので、レーザー式よりも痛みを感じづらく、照射回数もあまりかかりません。脱毛を早く済ませたい方におすすめです。

一方、レーザー式は医療用レーザーと同じ照射出力の光美容器です。フラッシュ式よりも照射範囲が狭いので痛みを感じやすく時間もかかりますが、肌の奥深くまで照射できます。細かい部位を重点的に脱毛したい方におすすめです。

ヒゲやVIOも脱毛できるかチェックする

照射可能範囲もメーカーによって異なります。男性用の光脱毛器の中には、やけどや炎症のリスクを避けるために、顔やVIOなどのデリケートな部位への使用を禁止しているものもあります。男女兼用の光脱毛器でも、説明文に「男性は顔には使用できません」と書かれているケースもあるので注意してください。

光美容器を選ぶときは男性のヒゲやVIOも脱毛できるか、しっかりチェックしましょう

照射面積の広さをチェック

照射面積は光美容器によって違うので、使いたい部位に合うものを選びましょう

腕や足、背中などの部位を脱毛する場合、照射面積の広いものがおすすめです。一方、ヒゲやVIOなどの細かい部分を脱毛する場合、照射面積が広すぎるものは避けた方がよいでしょう。

ヒゲやVIOの脱毛を目的とするなら、「照射回数を少なくしたい場合は照射可能範囲が少し広いもの」「細かい部分をピンポイントで当てたい場合は照射可能範囲が狭いもの」という視点で選ぶのもよいでしょう。

痛みの調整機能の有無をチェック

光美容器の中には、出力レベルの調整機能が搭載されたものもあります。肌の状態や毛の濃さによって、合う出力レベルは変わるものです。

肌が弱い方や毛が薄い方は、一般的な出力レベルでも痛みを感じることもあります。特に、ヒゲやVIOなどのデリケートな部位は出力レベルの加減が必要です。そのため、肌や毛の状態に合わせて出力レベルを調整できる光美容器を選びましょう。

5段階~10段階で出力レベルを調整できるものもあるので、自分に合ったレベルが見つかります。最初は弱いレベルから照射して、徐々に調整していきましょう。

ヒゲ・VIOのセルフケアに使える!メンズ光美容器4つを紹介

男性向け家庭用光美容器が多くある中から、ヒゲやVIOのケアに使用できるフラッシュ式、レーザー式の家庭用光美容器をピックアップ!
使い勝手の良さや痛み対策などの観点から、今男性から支持を得ている光美容器を一挙に紹介します。

光美容器おすすめ5選
高出力ケアで濃い男性の毛にも対応!
ケノン
価格 69,800円(税込)
送料・代引手数料無料
ケア部位 ヒゲ、Vラインを含む全身
ケア方式 フラッシュ式光美容器

ケノンは毛量や肌質に合わせて照射出力のレベルを10段階から調整でき、剛毛から産毛まで使える家庭用光美容器です。

ケノンは、光を照射するためのコンデンサと呼ばれる機器を4つ搭載しています。

さらにケノンの照射面積は、市販家庭用光美容器の中でも7㎠と比較的広く、1ショットで広範囲のケアが可能!
毛の生える範囲が広い男性も、セルフケアにかかる時間を短縮しながら全身をセルフケアできます。

フラッシュの間隔は最短0.4秒(照射レベル1で連続モードの場合)、最大レベルの10でもたったの2秒しかかかりません。交換不可の使い捨てタイプではなく、カートリッジ交換式なので長く使い続けられるでしょう。

ケノン購入者全体の43%が男性だといい、自宅で全身のセルフケアしたい男性は、まずはケノンをチェックしてみてもよいでしょう。


自宅でVIO全体をセルフケア!
脱毛ラボ ホームエディション
価格 71,478円(税込)
ケア部位 ヒゲ、VIOを含む全身
ケア方式 フラッシュ式光美容器

脱毛ラボ ホームエディションは、脱毛サロンである脱毛ラボが開発した男女向けの家庭用光美容器です。
男性の濃い毛にも対応した出力レベルを備える脱毛ラボ ホームエディションなら、自宅にいながらヒゲもVIOもセルフケアできます。

5段階の出力調整機能があるので、肌や毛の状態に合わせて照射できます。ボタンを長押しすると連射モードに切り替え可能。高性能タッチセンサーも付いているので、凹凸のある部分でも毛に反応してくれます。

脱毛ラボ ホームエディションは照射と同時に肌をクールダウンさせる冷却機能搭載のため、毛が太く照射時に熱が発生しやすいVIO全体にも使用できます。


レーザー照射でヒゲをセルフケア!
トリア パーソナルレーザー光美容器4X
価格 40,530円(税込)
ケア部位 ヒゲ、Vラインを含む全身
ケア方式 レーザー式光美容器

医療脱毛クリニックで使われるダイオードレーザーと同じ仕組みを自宅で体験できるトリア※は、日本で唯一のレーザーを使用した家庭用光美容器です。

トリアは照射面積が1c㎡と狭くて処理に時間がかかることや、特に毛の濃いヒゲのセルフケアはフラッシュ式光美容器よりも痛みが強く出やすい点がネックです。
しかし、ヒゲなど太い毛が生えている細かい部位を集中的にセルフケアしたい場合には、検討してみてもいいでしょう。

最大照射パワーが22J/㎠なので、しっかりと毛根にダメージを与えてくれます。また、5段階で出力レベルの調節も可能。出力レベルや電池残量などは画面で表示されるので、初めての方も使いやすいでしょう。



THR方式で男性の濃い髭にも対応!
OpusBeauty03(オーパスビューティー03)
価格 41,800円(税込)
ケア部位 ヒゲを含む全身(VIOは含まない)
ケア方式 フラッシュ式光美容器

オーパスビューティー03は、THR(サーモヒートリムーバル)方式を採用しています。

THR方式は遠赤外線領域が多い波長域を使用することで、光の到達点が広く、手入れが難しかった男性のヒゲなど濃い毛に対応することができます。

また、スキンタッチセンサーやスキンカラーストッパー、チャイルドロックなど、安全に配慮した機能も搭載。14年の技術と経験を経て開発された「アイスクール機能」の搭載により冷却しながら照射できるのもポイントです。

メンズが光美容器を使う前に知っておきたいこと

光美容器を使ったことがない男性の中には、仕組みや使用頻度などについて、まだよく分からないという方もいるでしょう。ここでは、光美容器を使う前に知っておきたい2つのことを解説します。

永久脱毛ではない

自宅でできる脱毛では、永久脱毛はできません。そもそも永久脱毛とは、「最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態」「3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態」を指します。「永久脱毛=永久に毛が生えない」ということではありません

永久脱毛が実施できるのは、レーザー脱毛を取り扱っている医療クリニックや皮膚科だけ。高い出力レベルの機器を扱うことは、医療行為です。光美容器は医師でなくても使えるように、出力レベルが抑えられているので、永久脱毛はできません。永久脱毛をしたい場合は、医療機関に相談することをおすすめします。

適切な使用頻度がある

毛には「成長期」「退行期」「休止期」などの周期があります。基本的に脱毛は成長期に行います。周期の移り変わりは数カ月ごとにおきなので、脱毛する頻度は、数週間に1回や、2~3カ月に1回が目安です。

光美容器の場合は2週間に一回程度が目安に設定されているケースがほとんどです。

毎日のように光美容器を当ててしまうと、退行期や休止期の毛まで照射してしまい、効果が実感できない可能性があります。肌への負担もあるので、高頻度で使うのは避けた方がよいでしょう。毛の周期に合わせて、適切な頻度で使ってくださいね。

メンズ必見!光美容器でセルフケアをする時の注意点は?

光美容器使用時の3つの注意事項

家庭用光美容器の使い方を誤り、火傷や肌荒れを引き起こしてしまわないためのコツを伝授!
家庭用光美容器や美容機器などを使ったことのない男性も、本記事の3つのポイントを押さえて光美容器を使用しましょう。。

傷がある部位への照射は避ける

全身の中でも特にヒゲは毎日のヒゲ剃りで傷つきやすいですが、傷ができている部分へ家庭用光美容器を使用するのはNGです。

傷がある部分に家庭用光美容器を使用してしまうと、傷口が悪化してしまうだけでなく、火傷に繋がるリスクもあります。
そのため、絆創膏などで傷口を保護してから照射するようにしましょう。

最初は低い照射レベルで使用する

早くケアをしようと、いきなり高出力で照射すると強い痛みを感じたり火傷を引き起こしたりするので絶対に避けましょう。

男性の毛の中でも、特に痛みを感じやすいのはヒゲ、ワキなどの毛が密集している部分です。
ヒゲやワキに照射する際は、家庭用光美容器の出力を低いレベルから高いレベルへと徐々に上げていくとよいでしょう。
出力レベルを固定した後でも、もしも痛みを感じることがあったら無理せずレベルを下げ、自分の肌に合う強さで照射を継続することが毛のケアを続けるコツです。

セルフケア部位を冷却しながら照射する

男性の毛は、家庭用光美容器で照射する光に反応するメラニン色素が女性よりも多い傾向にあるため、ケア時の痛みが強くなりがちです。
そのため、光美容器の使用前は必ず照射する部位を保冷剤や濡らしたタオルで10秒程度冷やしてから照射を始めましょう。

照射後も同じように冷やしておくことで肌のほてりを抑えられ、次回のセルフケアをスムーズに始めることができます。

このほかにも、家庭用光美容器の使用前には照射する部位の毛を1mm程度にカットしておくと、毛に光を集中させて照射できるのでケア効果アップを期待できます。

また、乾燥肌の男性はセルフケア後に保湿クリームなどでしっかり肌ケアして、肌荒れ防止もしておきましょう。

また、メンズ向け家庭用光美容器は機種によって照射出力を変えられないものもあるため、光美容器ごとの機能・特徴を見定めたうえで購入することが必要です。
家庭用光美容器でメンズセルフケアを始めるなら、自分に合った光美容器を選び、定期的にセルフケアを続けていくことを心がけましょう。

check
メンズのセルフケアにこだわったケノン!
ケノン

ケノンは、男性ならではの剛毛に対応したセルフケアができるメンズ向きの家庭用光美容器です。
Yahoo!ショッピングのデータでは、2012年2月27日~2020年4月16日の間、脱毛カテゴリで売上上位の実績を誇るロングセラー商品です。

ケノンは照射レベルを10段階から自分で選択できます。
自分の肌質や痛みの感じ具合に合わせて、出力を下げて使うこと肌トラブルを起こしにくくすることができます。

さらに、ケノンは全身ケアを33年分もできる寿命の長さも特徴です。

自宅でセルフケアを始めたい男性は、まずは公式サイトでケノンの詳細をチェックしてみましょう。

エピリノ脱毛器メンズ光美容器はどれが良い?ヒゲ・VIOに使えるメンズへおすすめの光美容器